引越しの吉日・縁起の良い日、縁起のよいものをご紹介します!

引越しの吉日、縁起のよい日を御紹介します。また新居、新築一戸建てへの引越しの際に先に持ち込んだりして縁起の良いものも御紹介しておきます。引越しは人生の中で重要なイベントです。また、新築一戸建てともなれば、人生にとっても、家族にとっても重要な新しい出発です。また、新しい家に入るにあたって今後びためにもきちんとした儀式、縁起を担いでおきたいものです。

 

最大50%OFF!大手引越し会社の引っ越し料金を一括比較!

 

コチラでは引越し吉日や引越しに縁起のよい日に加え、引越しの吉日や縁起のよい日ではなく、引越しに都合の悪い日、凶日、引越しによくない日取りに引越しをせざるを得ない場合の対応・対処方法もご紹介致します。

 

 


引越しによくない月、仏滅、縁起の悪い日に引越しをする場合は?

どうしても引越しの日程、日取りで新居への引越しに縁起のよくない月(1月、5月、7月等)や仏滅、その他縁起の悪いといわれる日に引越しをする場合の対処方法をご紹介します。私も新築の一戸建てを建てて新居への引越し予定がどうしても5月の大安ではない日でしたので、色々と悩みました。引越しには、なるべく縁起を担ぎたいので色々と調べました!

 

引越しの前月の縁起のよい日に大事な家具等を入れて正式な引越しとする!

一般的に引越しに縁起の悪い月に引越しをする場合は、その月の前月の縁起の良い日に正式の引越しをしておくとよいとされています。正式な引越しとして縁起のよい月の縁起のよい日(風水や六曜など)を選んで家財道具や布団、お茶碗やコップ、味噌・醤油などを運び込んでおく、家主が一泊するなどが正式な引越しとして考えられています。私も新築一戸建てで新居への引越しという事で気合が入りましたが、どうしても5月中に引越しをしなければならなくなり、悩みましたが、4月の大安吉日を選らんで家族で家財道具、お味噌・醤油・塩・お箸・スプーン・大事な仏具の一部、自分の大事な思い出の品を持ち込み、正式な引越し日としました。本格的な業者の引越しは後からする引越しというイメージですね。

 

仏滅等にになる場合は、事前に大安などの縁起のよい日に、小さな家具や観葉植物などを持ち込んでおけば、それが「引越し日」となります。大物や残りの荷物は、仏滅に業者さんにお願いすればよいのです。

 

お清め・お祓い・ご供養等の神仏の儀式をお願いする

神社やお寺の方にお願いして引越しの当日に引っ越した為の儀式というか、お清め的なものをお願いする方もいらしゃいます。

 

だいたいは上記の2つのパターンで引越しされる方が多いようです。また、縁起が良い悪い、吉日であるないにかかわらず、新築一戸建て、新居への引越しにはオモト(おもと・万年青)を飾ってから引越し先に入ると良いといわれています。

 

>> オモト(おもと・万年青)はコチラの楽天市場検索ページで購入可能です!

 

徳川家康公が江戸城におもとをもって入城以来、新築・新居・開店・引越しのお祝い・結婚式におもとを贈るようになりました。 おもとは露地の日陰に植えると強く、四季を通じていつも青く、丈夫です。徳川家康が江戸城入城の折りに持参し、その後300年の基礎を築いたことから、おめでたい植物として関東地方では「引っ越しおもと」としての習慣が見られます。

 

前もって新居の玄関先や玄関の中に「おもと(万年青)」を先に置いておいて、引越しが完了したら庭に植えると良いらしいです!

 

あとはやはり心機一転、謙虚な気持ちで新居へ入ること、入居前にこれから長くお世話になりますという意味も込めてみんで掃除をしたり、写真撮影をしたりするとよいですよ♪


引越しによくない月、仏滅、縁起の悪い日に引越しをする場合は?

1分で複数引越し会社に一括無料見積り!

新しいマイホーム!いきなり傷をつけたりしたくないですよね!大手引っ越し会社の方が、引っ越しスタッフの教育や配送テクニック、新築への養生も慣れていますので、できれば大手引っ越し会社に一括で無料見積りを請求して引越し料金を比較検討しましょう!

↑最大50%OFF!大手引越し会社の見積りを一括請求できます↑