1年を通して引越しが安い時期・月は?引越し費用は時期で変わる!

引越し費用は一年間を通して、安くなる時期と高くなる時期があります。当然ですが、引越しシーズン(毎年3月、4月)は引越し費用、引越し料金は高くなります。単身赴任や会社での転勤等でその時期に限って引越しする場合以外はできれば引越しの安い時期、月に引越しするとよいでしょう!

 

簡単1分入力!大手引越し会社の引っ越し料金を一括比較!

 

引越しの安い時期

2月中旬、3月〜4月中旬は引越しの最も忙しい時期!その季節以外の引越しシーズンオフ
お正月、ゴールデンウィーク、夏休み、年末年始などの大型連休以外
平日、月曜日〜木曜日、月初め

 

上記が引越し料金が安い時期となります。転勤・転校シーズン、新入学・入社シーズンは引越し業者もかなり忙しいため、引越し予約や引越しスケジュールがあわないと引越し作業すらできない可能性があります。逆に引越しシーズンを過ぎると、引越し業者も落ち着きますので、引越し料金は下がる傾向にあります。また一般的に土曜、日曜、祝日などのお休みの日は引越しも集中するため、平日の朝から・・といった引越しスケジュールを組むとかなり引越し費用は安くできます!

 

引越し料金を安くしたい方はシーズンオフの平日を狙いましょう!


1月、5月、9月の引越しは引越しするのに悪い月?

一般的に1月、5月、9月の引越しは引越しするのに悪い月といわれている場合が多いようです。また地域によっては2月もダメ、8月もダメ、12月もダメ・・・と引越しに縁起が悪い月に引越しをしない方がよいといわれていいるようですが、裏を返しますと、その時期というのは引越し費用も安くなる傾向にあります。やはり新築の一戸建て、新居への引越しですので色々と言い伝えや伝統もあり、親や親族の意見もありますので、最大限尊重しつつ、費用も抑えたいならばその時期の引越しも検討してもよいでしょう。

 

一般的に引越しに縁起の悪い月に引越しをする場合は、その月の前に仮の引越しをしておくとよいとされています。正式な引越しとして縁起のよい月の縁起のよい日(風水や六曜など)を選んで家財道具や布団、お茶碗やコップ、味噌・醤油などを運び込んでおく、家主が一泊するなどが正式な引越し日として考えられています。私も新築一戸建てで新居への引越しという事で気合が入りましたが、どうしても5月中に引越しをしなければならなくなり、悩みましたが、4月の大安吉日を選らんで家族で家財道具、お味噌・醤油・塩・お箸・スプーン・大事な仏具の一部、自分の大事な思い出の品を持ち込み、正式な引越しとしました。

 

また前もって新居の玄関先や玄関の中に「おもと(万年青)」を先に置いておいて、引越しが完了したら庭に植えると良いらしいです。先日、我が家も引っ越した際において置きました。「おもと(万年青)」は近所の植木屋さん、花屋さんでも注文できますが、ネットでも立派な「おもと(万年青)」は購入出来ますよ!

 

 

オモト(万年青)は、ユリ科オモト属の多年性植物で日本が原産です。山陰から九州・沖縄にかけて、低山地に自生しています。オモトは縁起の良い植物だと言われています。「引越しのおもと」とも言われ、引越しや新築・改築など荷物を入れる前に飾っておくと良いです。引越し前に新居に入れておくと縁起がいい植物だそうですよ♪正式な新居に入る前に玄関に置いてから入りましょう!


1分で複数引越し会社に一括無料見積り!

新しいマイホーム!いきなり傷をつけたりしたくないですよね!大手引っ越し会社の方が、引っ越しスタッフの教育や配送テクニック、新築への養生も慣れていますので、できれば大手引っ越し会社に一括で無料見積りを請求して引越し料金を比較検討しましょう!

↑最大50%OFF!大手引越し会社の見積りを一括請求できます↑